舐め犬体験(20代 Eさん)

できるだけ今までの経験談を更新しようと思います。

10年以上前はマッチングアプリといったものはあまりなく、出会い系サイトと呼ばれてました。また、掲示板でメールで出会うなんてこともできました。
今はなかなか厳しいかもしれませんが。

今回の体験は同じ京都在住でネットで知り合った同年代との女性(20代 Eさん)とのことです。
オンラインゲームで知り合った女性で、ゲーム内でパートナーを組み廃人のごとくのめり込んでいて、結構長い付き合いでした。
その過程でゲームする中で色々な話をするようになり、
・僕:クンニするのが好き
・相手:思うようにアソコを舐めさせたい
変態っぷりをさらけ出していました。

最初は冗談かなーとか思いながらも、こんな話できるなんて思っていなかったので、1つ1つの内容に興奮していました。
そんなやりとりがしばらく続き、実際試してみよっか、という話になり、実際に会うことになりました。
ある意味オフ会ですが、それにしては普通ではなかったですね。

京都駅待ち合わせ、事前に決めていた場所でお会いし、近くのカフェで少しお話。
そもそも女性と2人きりという状況が慣れていない身でしたが、ゲームでお互いのことを知っていましたので自然と意気投合できていました。

程なくホテルに移動することとなり、ホテルに着いてからはカフェではあまり話しできなかった内容について少し確認。

「本当に舐めてくれるの?なんか気心知れてるから恥ずかしいね」
「任せてください。ただ舐め犬やったことないので下手だったらスミマセン。」
「私がしてほしいように言うからよろしくね」
実際のところ興味本位でしかなかったのでどうなることやら、といったところでした。

「じゃ、さっそく。全身舐めていってね。ゆっくり。」
何となくSっぽい感じになってきたようで、指示されるがまま舐めていました。
無我夢中で乳首、クリ、膣口を舐め、まさに犬状態でした。
舌を少し挿入したり、そのままさかのぼって尿道口を舐めたり、舌先でそっと下から上へと舐めたりとしていました。
最終的にはイってもらえて、気持ちよかったと言われたことに満足を覚えました。

舐め犬初心者だったもので言われるがままでしたが、経験を積み、反応を見ながら工夫を入れていきたいなと後で反省をした次第です。
かといって自分のしたいようにするわけでもなく、相手が気持ちよくなってもらえるよう尽くす、そんな関係になりたいと考えています。

舐め犬ユウタに連絡してみませんか?
・好きなように舐め犬を使ってみたい
・クンニさせたい
・顔の上に乗って舐めさせたい
・自分の中で思うようなエッチをしてみたい
そんな希望を叶えます。
目隠しや拘束、おもちゃなどを組み合わせたちょっとしたアブノーマルも受け付けてます。
お気軽にお問い合わせください。